現代人の集中力の持続時間は8秒しかない!※金魚は9秒です。

人の集中力のなさをあざ笑う金魚

こんにちは、シロネコ書房です。

 

皆さん、集中力はどのくらい持ちますか?

勉強をがっつりやりたいとき、作業に熱を入れたいとき、集中力の継続ってとても大事なことですよね。

しかし最新の研究によると、現代人の集中力はたった8秒しか持たず、しかもそれは金魚にも劣る短さであることが分かったそうです。

スポンサーリンク

現代人の集中力は金魚以下

人の集中力のなさをあざ笑う金魚

Microsoft社は、カナダで2000人の脳波を測定。

その結果から、2000年と2013年を比べると、人の集中力の継続時間が12秒から8秒に減少していることが明らかにされました。

そしてその結果は、なんと金魚の集中力継続期間の9秒を下回るという衝撃的なものだったのです。

 

食物連鎖の頂点に君臨する圧倒的知能を有した人間様の集中力が魚類以下……?

 

いやはや由々しき事態ですよこれ。

もう夜店でぽいぽい掬ってる場合じゃない。

だってその最中にも「あ、この生き物、集中力に関しては私よりも有能なんだよな……」とか思いながら掬わなくちゃならないんですよ。

そんなの悲壮感しか漂わないですし、もはやそんなこと考えながらポイを振るう自分自身がもう救えないです。

 

一体なぜこのような、人間の尊厳が踏みにじられるような事態が引き起こされてしまったのでしょうか。

 

集中力が低下した原因は?

モバイル端末を眺めて情報を収集する様子

モバイル端末の進化

人類が金魚以下の集中力に甘んじてしまっ原因の一つが、モバイル端末の進化と普及にあると言われています。

 

前回調査が行われた2000年は、世間にモバイル端末(小型PCや携帯電話)が普及し始めた年でした。

そこから技術は驚異的なスピードで発展を遂げ、現在私たちの手元には、全世界の情報にアクセスできてしまう超軽量の電話機があることが当たり前になっています。

この電話機、いわゆるスマートフォン、スマホですね、これを使えば、隣のクラスの山田君のつぶやきから、米アメリカ大統領の今日のおやつが何かまで瞬時にわかってしまうわけです。

 

大変便利で素晴らしいことなのは間違いないのですが、ここで起きてしまうのが、あふれる情報の氾濫、情報の過剰負荷環境の誕生です。

この過剰負荷環境においては、人は自分に有益な情報のみに目を向け、他を無視しようとします。

※詳しくはこちら

あなたの無関心が人を殺す!?「都会の人間は冷たい!」と思われる理由とは
「都会の人間は冷たい、自己中だ」地方に住む方々から、たまにこのような意見を聞きます。私も都市部に住んでいますが、確かに、道で誰かとすれ違っても目線を合わせることはほぼありませんし、隣近所の方でさえ...

 

しかし、あまりに情報が多いと、有益かそうでないかの取捨選択をうまく行えず、気が散ってしまいます。

簡潔に「バッ!」と重要なことが分からないと、脳がストレスを受けてしまうようになってしまうんですね。

 

脳「この情報、乱雑で何が大事なのか分からねぇ!もう次にいこう!」

 

こんな感じで、あっちこっちに意識が飛んで、1つの情報に集中して意識を割けなくなってしまうのです。

 

モバイル端末の普及によってもたらされた情報の洪水。

それが人間の集中力を四方八方に分散させる原因の1つなのです。

 

「何でもすぐに手に入る」意識の蔓延

科学技術の進歩は目覚ましく、望めばなんでもすぐに手に入れることが出来る時代になりました。

 

探している情報はGoogleがすぐに教えてくれます。

欲しいものはAmazonでのクリック一つで数時間以内に運ばれてきます。

 

素朴な質問から、論文の検索、恋人探し、家の購入に至るまで、今ではインターネットが私たちの望みをすぐに叶えてくれるようになりました。

まったく素晴らしい世の中ですよね。

しかしこれも、私たちの集中力を引っ掻き回す原因の一つなのです。

 

例えば、皆さんが今ご覧になっているウェブサイトですが、読み込みに1秒の遅れが生じると、約40%の人々がそのサイトを離れて行ってしまうという研究結果が出ています。

これは、インターネットでビジネスや集客、情報発信をしようとした場合、特に気を付けなければならないポイントでしょう。

私のような個人でブログを書いているようなレベルでは大きな影響はないですが、例えばこれが企業の商品紹介ページだったり、通販サイトだった場合、売り上げへの影響は計り知れません。

 

それだけ、人は情報やサービスに「すぐ手に入る」を要求しまったということですね。

 

言い換えれば、脳が「満足をすぐに得られないような情報に、これ以上割く時間はない」と判断してしまうスピードが速まったともいえるでしょう。

 

人間の満足への欲求が科学と技術の進歩によって促進されてしまったことが、集中力の減少につながったと言えましょう。

 

逆に向上した能力

様々なアイコンをタップし、マルチタスクを行う様子

短期的な集中力

あちらこちらに意識が散ってしまうようになった現代人ですが、その分向上した能力もあります。

 

そのうちの一つが「短期的な集中力の向上」です。

 

2000年から4秒短くなり8秒となった集中力の継続時間ですが、その分瞬発力には優れてきているようで、瞬間的な集中力においては昔より優れた能力を発揮するようになってきています。

1つのことにガッと集中し、次!ガッと集中し、次!といったように、短時間に効率よく情報を処理・取得できるように脳がシフトしてきているのかもしれません。

 

マルチタスキング能力

マルチタスキング能力も、昔より向上した能力の1つです。

 

考えてみれば、私たちはパソコンを操作するのにもスマホをいじるのにも、1度にたくさんのことを同時に行っていますよね。

例えば

 

・たくさんのタブを同時に開いてブラウザを閲覧する

・アプリで遊びながら友達とラインで会話する

・テレビを見ながら、その様子をTwitterでつぶやく

 

などなど……

 

たくさんのツールや機能が世の中にあふれたことで、人々は様々なことを同時にこなすことが出来るようになりました。

そうした環境への適応が、マルチタスキング能力の向上につながったのでしょう。

 

しかし、広く浅く、多方面から情報を収集できるようになった反面、一つのことにグッと身を入れることは苦手になってきています。

集中力が分散してしまうことも合わせて、仕事にしても趣味にしても「この分野だけは誰にも負けない!」といった極特化型の人間は、この先減っていってしまうのかもしれません。

 

 

まとめ

今回は、現代人の集中力のお話をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

マルチタスク関連の部分では、ご自身でも思い当たるものがあったかと思います。いやはや、人間の適応力ってすごいですね。

 

全体として見てみれば、集中力の継続時間では劣っても、トータルの能力では金魚を上回っていると言えるでしょう。

うん、ナイス人類、キープ面目。

 

このような人間の意識の変化は、溢れる情報に対してのアプローチの変化とも捉えられます。

 

動物の世界では、生存に有利な情報を数多く有している個体がより長く生き残ります。

人間だって一種の動物ですから、有用な情報をより多く、短時間に手に入れようとするのは、考えてみれば当たり前のことですね。

 

また、短時間に様々なことに脳のリソースを配分できるということは、直接的に生産性の向上を意味します。

同時進行でいくつものタスクを実行できるということですからね。

 

そう聞くと、「なんだなんだ現代人、ハイスペックになってきてるじゃないか」と思うかもしれません。

しかしその分、脳への負荷も大きくなりますから、一概に喜んでもいられないのです。

そして、できることが増えて楽ができる!と思ったら、さらなる仕事が降ってくるのが今の社会ですからね……。

合掌。

 

それでは最後に、今回の要約を載せてお別れです。

現代人の集中は……

  • 技術の発展と情報の氾濫により、金魚以下に
  • 瞬発的な集中力とマルチタスキング能力は向上

 

それでは、またまた

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

シロネコ書房

物語とコーヒーが好きな一般成猫。横浜市の隅っこで暮らしています。人の「心」について興味を持ち、日々、ふむふむと勉強中。 このブログでは、これまでに学んだ「毎日を生きやすく、楽しく暮らす」ための心のノウハウを、Life Hack(ライフハック)ならぬ「Cocoro Hack(ココロハック)」と称して紹介していきます。